Wednesday, January 18, 2006

白夜行読破→容疑者xの献身

白夜行面白かったです。

もっと長くても良かったと思うし、最後の終わり方は、自分的にはもったいないなぁと思ってしまった。

小説では、雪穂も亮司もなぜそういうことを行うようになったかという情報がない状態で読むので、あまり同情することはない。ドラマは前提が分かっているので、主人公二人に感情移入できるというのが、ひとつメリット。あと、綾瀬はるかみたいにビジュアルがあるとなおさら。

読み終わるのが悲しくなったのは、久しぶり。充実した読書でした。

本当は幻夜を買いたかったんだけど、なかったので、



容疑者xの献身を買った。すでに、アマゾンでも24時間以内お届けから、2-3日以内になってるし、軒並み本屋も売り切れ。

黒い表紙というのは、出版社側も気合を入れて作っていることのあらわれと聞いたことがあるけど、十分ペイしたな。

また通勤が楽しみになりました。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home